シンプルWiFi(GSS)の落とし穴は何個ある?評判や口コミが少ないゆえに見落としがないよう確認を。

投稿日:

シンプルWiFiの評判や口コミと落とし穴について

この記事でわかること

  • シンプルWiFiの評判・口コミ
    十分な口コミ・評判が揃っていないため、今後追加していきます。 もっと詳しく
  • 5つの落とし穴
    見落としがちなシンプルWiFiの落とし穴を5つまとめました。 もっと詳しく
  • メリット・デメリット
    シンプルWiFiのデメリットをまとめています。 もっと詳しく
  • 他社Wi-Fiとの比較結果
    シンプルWiFiと他社サービスを比較しています。もっと詳しく




WiFiくん
シンプルWiFi、ちょっと気になってた!

データ容量に上限がないみたいだし、契約期間にしばりもないからすごく良さそう♪

シンプルWiFiは確かに魅力的なサービスです。

ただ、思わぬ落とし穴に落ちてしまう可能性もあります。

落とし穴となる5つのポイントをまとめたので、理解した上で申し込むことをおすすめします♪

超WiFiくん



シンプルWiFiの評判や口コミ

シンプルWiFiの評判や口コミ

評判や口コミの数が少なすぎる

口コミまとめ(Twitter)
「シンプルWiFi普通に使えるから楽天モバイル1回線解約した。」
※2022年5月1日〜2022年7月1日までの投稿です。
※これらシンプルWiFi(株式会社GSS)の評価や口コミはあくまでも投稿者個人の感想です。ご了承ください。
WiFiくん
どうしてシンプルWiFiの評判や口コミが少ないの?
2022年の5月にスタートしたサービスのため評判や口コミが少ないのです。

評判や口コミの量が十分とは言えませんね。

超WiFiくん

落とし穴やデメリットをしっかりと理解する必要あり

WiFiくん
シンプルWiFiはやめた方がいいってこと?
決してそんなことはありません!

落とし穴やデメリットなどを理解した上で申し込んだ方がよいということです。

超WiFiくん

シンプルWiFiの5つの落とし穴

大きく分けて、5つの落とし穴があります。
超WiFiくん
シンプルWiFiの落とし穴
端末の返却に関する落とし穴
料金に関する落とし穴
端末保証オプションに関する落とし穴
高速通信に関する落とし穴(プラスエリアモード)
解約に関する落とし穴
※2022年7月7日のシンプルWiFi(株式会社GSS)の情報をもとに挙げています。記事閲覧時点では内容が異なっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

端末の返却に関する落とし穴

シンプルWiFiの端末の返却

最後に端末の返送料が発生する

シンプルWiFiはレンタルタイプです。そのため、端末を返却するための配送料を負担する必要があります。

返却物が多い

返却する物は本体だけではありません。返却物は、本体/SIMカード/SIM取り出しピン/注意事項/保証書/ACアダプタ/Ethernetケーブル/取扱説明書/ガイド/個装箱を含む貸与されたものすべて。ただし、最初に購入した物は含みません。

破損や紛失で損害金が請求される

貸与されたものを破損・紛失してしまうと、損害金が発生してしまいます。損害金は、端末本体21,780円(税込)/SIM3,300円(税込)/ACアダプタ2,200円(税込)/Ethernetケーブル1,100円(税込)です。

紛失が一番怖いと思うので、使わないものは解約時まで1箇所に保管しておくことをおすすめします。最初の端末到着時に受け取った段ボールごと保管しておくようにしましょう。





料金に関する落とし穴

シンプルWiFiの料金

契約時に案内された料金より高い金額が請求される?

いや、そんなことあるの?」と思うかも知れません。しかし、シンプルWiFiの公式サイトに書いてある次の一文を見落としてしまっていると、案内された料金より高い金額が請求されたように感じてしまうでしょう。

初回請求については契約月とその翌月分の月額料金が合算で請求されるため、初回請求は通常の月よりも高くなります。また、上記月額料金の他に、事務手数料・購入付属品代も初回の請求に合算とさせていただいております。

しっかりと読んでいないとそう感じてしまうので注意ですね。

端末保証オプションに関する落とし穴

シンプルWiFiの保証オプション

端末保証に加入していても無料で交換できるとは限らない

保証範囲が最も広い端末保証ワイドを付けたとしても、盗難・紛失の場合は有償交換となります。

保証名自然故障水濡れ・破損盗難・紛失月額料金

加入なし

×

×

×

なし

端末保証

×

×

363円/月

端末保証プラス

×

605円/月

端末保証ワイド

税込5,500円の有償保証

847円/月

横にスクロールできます

無料保証は年に1回まで

保証を利用してから1年以内に再度保証を受ける場合は有償交換となります(税込11,000円)。これは、すべての保証共通です。

高速通信(プラスエリアモード)に関する落とし穴

シンプルWiFiの高速通信

プラスエリアモードは追加料金が発生する

プラスエリアモードとは、auの4GLTE/5Gのプラチナバンド(700-800MHz帯)の電波で高速通信サービスが利用できるモードです。

自動でこのモードになってしまうということはありませんが、端末でこのモードに切り替えた場合、月額1,100円(税込)が追加で発生しますので注意しましょう。

月間15GBの上限がある

プラスエリアモードには月間15GBの上限があります。上限に達した場合は、当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます。

ただし、標準モードは制限の対象外です。プラスエリアモードが上限に達した場合でも、標準モードに切り替えることでデータ量の上限なく利用することができます。あくまでも、高速通信が使えなくなるというだけです。

解約に関する落とし穴

シンプルWiFiの解約

解約の締め日に注意

毎月25日が解約受付の締め切り日です。25日の23時59分までのご申請で当月解約となります。しかし、26日の0時を過ぎると翌月解約となり、翌月のご利用料金が発生するので注意しましょう。




シンプルWiFiのメリット・デメリット

シンプルWiFiのメリット

シンプルWiFiのメリット
・端末代がかからない。
・発送が早い(最短で即日端末を発送)
・プランがわかりやすい
・WiMAXが使える
・データ容量が無制限
・使いすぎても高額請求になることがない。
・いつ解約しても違約金が発生しない。
・契約に必要な書類がない。(個人名義の申し込み)
・契約後の問い合わせがLINEでできる
※2022年7月7日のシンプルWiFi(株式会社GSS)の情報をもとにメリットを列挙しています。記事閲覧時点では内容が異なっている場合がございます。あらかじめご了承ください。




シンプルWiFiのデメリット

ここでは、前述した5つの落とし穴で挙げたもの以外のデメリットを列挙します。
超WiFiくん
シンプルWiFiのデメリット
・料金が比較的高い
・保証オプションが高い
・端末を壊した時の損害金が高い。
・WiMAX端末なのにauスマートバリューmineの適用外
※2022年7月7日のシンプルWiFi(株式会社GSS)の情報をもとにデメリットを列挙しています。記事閲覧時点では内容が異なっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

他のWi-Fiサービスとの比較結果

比較表一覧

サービス名月額料金データ容量Wi-Fi端末プランの詳細
ゼウスWiFiのロゴ

980円/月〜

20GB/月

無料レンタル

ゼウスWiFi

gmoとくとくbbのロゴ

1,474円/月〜

上限なし/月

▼月額料金に605円が加算されます。
605円×36回払い
合計:21,780円

GMOとくとくBB

大容量WiFiのロゴ画像

2,400円/月

50GB/月

無料レンタル

大容量WiFi

どこよりもWiFiのサムネイル

3,058円/月

100GB/月

550円×36回払い
合計:19,800円
※月額料金に550円が含まれています

どこよりもWiFi

uq-wimaxのロゴ画像

4,268円/月

上限なし/月

▼初回請求時に以下が加算されます。
11,088円

UQ WiMAX

シンプルWiFiのロゴ画像

4,290円/月

上限なし/月

無料レンタル

シンプルWiFi

横にスクロールできます

料金は他社よりも高め

他の上限なしWiFiと比べると、料金が高いことがわかります。

端末代が無料レンタル

上限がない他社のWi-Fiサービスは購入タイプです。一方のシンプルWiFiは無料レンタル。購入する必要がない点は魅力です。




-ポケットWiFi

Copyright© WiFi比較ナビ , 2022 All Rights Reserved.