ポケットWiFiの選び方|後悔しない選び方とは?

更新日:

後悔するか満足するか

ポケットWiFi選びに悩んでいませんか?

  • 選び方は何を重視すればいいかわからない
  • たくさん種類があるから調べるのが面倒だ
  • 自分に合うポケットWiFiが知りたい

と思っている方は必見です。項目別に分けて説明していますので、気になるポイントをサクッと解消しましょう!




この記事の内容

  1. ポケットWiFiの選び方は何を重視すればいいのか
    1. 使える回線の数
    2. 通信制限の有無
    3. 月額料金
  2. ポケットWiFiはたくさん種類があって調べるのが面倒だ
    1. docomo系
    2. au系
    3. SoftBank系
    4. トリプルキャリア系(MVNO)
  3. 自分に合うポケットWiFiが知りたい
    1. 家でゆっくり、そしてたっぷり使いたい。
    2. スマホ代を最安にし、データ通信はポケットWiFiを使うことで無制限にしたい。
    3. 通勤や外出先で動画や音楽を自由に使いたい。
    4. 家でも外でも使いたい。
    5. パソコンでネット接続したい。

ポケットWiFiの選び方は何を重視すればいいのか

ポケットWiFiの選び方で重要なポイント

いきなりの結論ですが、次の質問に対する答えにあります

質問

あなたがポケットWiFiを必要とする理由は何ですか?

この理由をハッキリさせることで、重要視すべきポイントが見えてくるのです。

ポケットWiFiを必要とする理由

もしかして、このような理由ではないでしょうか?

理由

「自分の好きな時に、好きな場所で、好きなだけインターネットに接続できる環境を作るため。」

もしそうであれば、次の3つのポイントを重要視した方がよいでしょう。

選び方で重要視すべき3つのポイント

ポケットWiFiを選ぶ時に重要なことは以下の3つです。重要度()が高いものから順に挙げます。

  1. 使える回線の数|
  2. 通信制限の有無|
  3. 月額料金|

それでは、理由を順番に説明していきます。

1.使える回線の数

ポケットWiFiの選び方で一番重要_使える回線の数

使える回線の数が一番重要な理由は「電波の繋がりやすさに直結するから」です。

自分の好きな時に、好きな場所で、好きなだけインターネットに接続できる環境を作るため。

この「自分の好きな場所で」というのは、ビルの中や地下でもインターネットに接続できるということです。

実は、WiFiの提供エリアの中にいるから必ず使えるというわけではないのです。スマホの場合も同じですが、エリア内でも壁が厚いビル内や地下ではインターネットに繋がらないことが多々あります。

地下鉄での移動中に映画やドラマを見ようとしたら、電波が悪くてネットに繋がらなかった。

ポケットWiFiを手に入れてからそのようなことがあったらどうでしょうか。

せっかくお金を払っているのに、何のためにポケットWiFiを手に入れたのだろう?

と思ってしまうかもしれません。そうならないように、使える回線が複数あるものを選ぶことをおすすめします。

ちなみにですが、総務省が発表した調査結果によると各キャリアが保有する基地局数(LTE/4G)は以下の通りです。

保有する基地局数

基地局数
ドコモ202,400
au119,100
SoftBank126,500

総務省:平成30年度 携帯電話・全国BWAに係る電波の利用状況調査の 調査結果及び評価結果の概要

たとえauの電波をキャッチできなくても、ドコモソフトバンクの電波をキャッチできればネットにつながりますからね。なので複数の回線を使えた方が良いのです。

2.通信制限の有無

選び方で重要なものはデータ利用量無制限

好きなだけインターネットに接続できる」ためには、通信制限がないポケットWiFiを選ぶ必要があります。

月に7GBまでや1日10GBまでといった制限があると、データ量の管理が必要になりストレスを感じてしまいます。

WiMAXのギガ放題プラン

有名なポケットWiFiとしてWiMAXが挙げられますが、実はこのWiMAXにも制限があります。

直近3日間で10GB以上使うと、翌日の18時から翌朝2時までデータ制限がかかってしまうのです。

つまり、翌日の18時から翌2時までは動画の視聴や音楽を我慢しなければいけないということになります。

お金を出して自由を手に入れたつもりが、動画や音楽を我慢しなければならない時間帯がある。データ量も3日間で10GBまでしか使えない。

はたして「自分の好きな時に、好きなだけネットに接続できる環境」にできるでしょうか?

答えはNOです。データ制限のあるものを選択するのは、ポケットWiFiの選び方としては間違っています。3日間10GBのような制限のないポケットWiFiを選ぶことで、快適なインターネット環境を作ることができるでしょう。




3.月額料金

ポケットWiFiの選び方_月々の金額

必須条件

  • 使える回線の数が多い
  • 通信制限がない

すでに説明しましたが、以上の2つを満たしていることが必要です。ポケットWiFiの選び方で重要なポイントとなります。ただ、できれば月額料金は安い方がいいですよね。

ポケットWiFiはたくさん種類があって調べるのが面倒だ

プロバイダの種類と選び方

大きく4つに分類できる

ポケットWiFiは、使える回線によって以下の4つに分類できます。たくさんあってポケットWiFiの選び方がわからないという方も、これを覚えておくと頭の中が整理できるでしょう。

総合評価()は以下の通りです。

  1. トリプルキャリア系|
  2. SoftBank系|
  3. au系|
  4. docomo系|

トリプルキャリア系(MVNO)

3大キャリアの回線が使えるポケットWiFi

docomo/au/ SoftBankすべてのキャリア回線を使うことができるため、地下鉄やビル内でも安定してインターネットに接続できます。使える回線に注目することがポケットWiFiの選び方で一番重要なのです。

おすすめ度()の高いものから順に説明します。

トリプルキャリア系

  • Mugen WiFi(無限WiFi)|
  • どんなときもWiFi|
  • 限界突破WiFi|
  • FUJI WiFi|

Mugen WiFi(無限WiFi)

MugenWiFiのアイキャッチ画像

回線au/docomo/SoftBank
データ制限無制限
月額3,280円〜
初回請求額3,000円
支払い方法カードのみ
トリプルキャリア

無限WiFiはdocomo/au/SoftBankすべての回線を使うことができます。そのため他のポケットWiFiと比べてビル内や地下でもつながりやすいです。

データ量無制限

WiMAXのような3日間10GB制限がないため、自分の好きな時に動画や音楽などを好きなだけ楽しむことができるでしょう。

全額返金保証キャンペーン

30日間のお試しができるため気軽に始めることができるのが特徴の一つです。

初回請求額の内訳【3,000円】

事務手数料:3,000円

どんなときもWiFi

選び方_どんなときもWiFiのロゴ

回線au/docomo/SoftBank
データ制限無制限
月額3,480円〜
初回請求額9,960円〜
支払い方法カード/口座振替
トリプルキャリア

どんなときもWiFiも3大キャリアすべての回線を使うことができます。

データ量無制限

3日間10GB制限のようなデータ制限はありません。

初回請求額の内訳【9,960円】

事務手数料:3,000円

初月代金:3,480円の日割り

翌月代金:3,480円

限界突破WiFi(エックスモバイル)

限界突破WiFi_WiFiの選び方

回線au/docomo/SoftBank
データ制限無制限
月額3,500円〜
初回請求額3,500円
支払い方法カードのみ
トリプルキャリア

限界突破WiFiもdocomo/au/SoftBankすべての回線を使うことができます。

データ量無制限

WiMAXのような3日間10GB制限がないため、自分の好きな時に動画や音楽などを好きなだけ楽しむことができるでしょう。

解約手数料が高額

残念なポイントは違約金が高額ということです。Mugen WiFiやどんなときもWiFiと比べると高額な設定となっています。2年目でさえも18,000円もかかってしてしまうのは残念です。

1年目2年目更新月更新月以降
Mugen WiFi9,000円5,000円0円0円
どんなときもWiFi19,000円14,000円0円9,500円
限界突破WiFi18,000円18,000円0円5,000円
NEXT mobile19,000円14,000円0円9,500円
初回請求額の内訳【3,500円】

月額代金:3,500円

評価

Mugen WiFiやどんなときもWiFiと比べ料金が高いため、月額料金を抑えたいという人にはオススメはできません。また、違約金が契約満期までずっと18,000円ですので、途中で他のサービスにしようとすると大きな出費となってしまうのが残念です。ただ、トリプルキャリア対応という点と無制限という点はいいと思います。

FUJI WiFi

ポケットwifiの選び方_fujiwifi

回線docomo/au/SoftBank
データ制限無制限
月額3,980円
初回請求額6,980円
支払い方法カード/コンビニ

+ FUJI WiFiの詳細

トリプルキャリア

11月からトリプリキャリア対応となりました。そのためビルや地下での利用でも比較的安定した接続が可能になるでしょう。

クラウドプランなら無制限

クラウドプランのみ無制限で利用できます。音楽や動画をとことん楽しみたいという人にはおすすめです。

クラウドプランで使える機種は1種類

最大15時間使えるため、長時間の利用でも問題ありません。また、レンタルのため端末料金が加算されるということもありません。

GlocalMe G30円(レンタル)
初回請求額の内訳【6,380円】

事務手数料:3,000円

月額代金:4,380円

評価

データの制限がないため、データ量を管理するストレスから解放されます。自分の好きな時に好きなだけインターネットを楽しむことができるでしょう。ただ、もう少し安いものにしたい方はMugen WiFiやどんなときもWiFiの方がよいでしょう。




SoftBank系

SoftBank回線を使うポケットWiFi

ソフトバンク系のポケットWiFiサービスは以下のようなものがあります。

SoftBank系

  • SoftBank|
  • ワイモバイル|
  • NOZOMI WiFi|
  • SAKURA WiFi|
  • 縛りなしWiFi|
  • ネクストモバイル|

では、各サービスを説明していきます。

ソフトバンク系の各サービス

SoftBank

softbankのロゴ_ポケットWiFiの選び方

回線SoftBankのみ
データ制限50GBまで
月額7,480円~
初回請求額10,480円
支払い方法カード/口座振替

+ SoftBankの詳細

シングルキャリア

SoftBank回線のみを使うことができます。そのため壁が厚いビル内や地下での利用に不安があります。

データ量は制限がある

月間50GBまでは使うことができます。データの管理がストレスになりそうですが、1日あたり約1.6GBまでは使えることになります。

WiFi端末は別途購入する必要がある

月額料金に加えて、端末の料金を払う必要があります。機種は802ZTの1種類のみです。

802ZT27,000円
初回請求額の内訳【10,480円】

事務手数料:3,000円

月額代金:7,480円

評価

月額が7,480円と高すぎるため、ポケットWiFiだけのために契約するのはオススメはできません。また、1ヶ月に使えるデータ量が50GBまでと決まっているので、データ量の管理にストレスがかかりそうです。

残念ですが、ポケットWi-Fiの選び方に悩んでいる方は候補からは除外した方が良いでしょう。

ワイモバイル

ポケットWiFiの選び方_ワイモバイル

回線SoftBankのみ
データ制限無制限(3日間10GB)
月額4,380円
初回請求額7,380円
支払い方法カード/口座振替

+ ワイモバイルの詳細

シングルキャリア

使える回線はSoftBankのみとなります。

WiMAXと同様3日間10GB制限がある。

無制限と書いてありますが、細かいことを言うと制限があります。直近3日間で10GBを超えないようにデータを管理する必要があるため、複数キャリア系と比べ自由度が下がってしまいます。

機種は全部で3種類

機種によって月額料金と初月代金が異なります。803ZTは初月代金に端末料金は加算されませんが、36ヶ月間月額料金に300円が加算されます。801HWは初月代金に端末料金として5,399円が請求されるため、月額料金への加算はありません。また、701UCについては36ヶ月間の端末料金300円に加え、海外データ定額312円も発生します。ポケットWiFiの選び方に悩んでいる方は下部の「評価」をご覧ください。

初月加算料金月額加算料金
803ZT0円300円
801HW5,399円0円
701UC0円612円
初回請求額の内訳【7,380円】

事務手数料:3,000円

月額:4,380円

評価

WiMAXと同じ3日間10GB制限があります。また、使える回線がSoftBank回線のみですのでやや電波強度に不安が残ります。途中解約による違約金がないのは良い点ですが、月額料金が4,000円を超えてしまうのは他のポケットWiFiと比べて高いと感じてしまいます。ポケットWiFiの選び方で悩んでいる人にはおすすめできません。

NOZOMI WiFi

ポケットWiFiの選び方_NOZOMIWiFi

回線SoftBankのみ
データ制限無制限(1日10GB)
月額4,480円
初回請求額8,460円
支払い方法カード

+ NOZOMI WiFiの詳細

シングルキャリア

SoftBank回線のみ利用できます。地下やビル内での利用は難ありです。

使えるデータ量は1日10GBまで

無制限プランと書いてありますが、1日に使えるデータ量は10GBまでと決まっています。10GBを越えると速度が遅くなりますので注意しましょう。

無制限プランの機種は1種類

無制限プランで使える機種はU2です。端末料金はかかりません。

初回請求額の内訳【8,460円】

事務手数料:3,980円

月額代金:4,480円

評価

1日に使えるデータ量の制限があるため、動画や音楽をたくさん楽しみたい人にはおすすめできません。10GBを超えた時点で速度が遅くなってしまいますので、ポケットWiFiの選び方としては、データ容量が完全無制限のものを選ぶのがおすすめです。

▼関連記事

NOZOMIWiFiのトップ画像
NOZOMI WiFiを徹底解剖!料金やサービスについて

今回は、NOZOMI WiFiのサービスについての解説です。 NOZOMI WiFiは、2019年になってから乱立してきたWi-Fiレンタルサービスの1つです。 他のレンタルサービスとは何が違うのか、 ...

続きを見る

SAKURA WiFi

ポケットWiFiの選び方_SAKURAWiFi

回線SoftBankのみ
データ制限無制限
月額3,680円
初回請求額6,680円
支払い方法カード

+ SAKURA WiFiの詳細

シングルキャリア

使える回線はSoftBankのみとなります。地下やビル内ではインターネットに繋がらない可能性があります。

データ量は無制限

無制限ですので3日間10GB制限といったものはありません。快適にインターネットを楽しむことができるでしょう。

機種はランダム。全部で5種類

FS030WiMAX、ARIA2、501HW、601HW、602HWの5種類がラインナップとしてありますが、完全にランダムです。つまり何が送られてくるかは開けてみるまでわかりません。

FS030WiMAX0円(レンタル)
ARIA20円(レンタル)
501HW0円(レンタル)
601HW0円(レンタル)
602HW0円(レンタル)
初回請求額の内訳【6,680円】

事務手数料:3,000円

月額代金:3,680円

評価

データ利用量が無制限ですので快適にインターネットを楽しむことができるでしょう。しかし、送られてくる機種がランダムですので自分で選ぶことができません。そこが残念なところですのであまりおすすめはできません。

縛りなしWiFi

ポケットWiFiの選び方_shibarinashi

回線SoftBankかau
データ制限無制限(1日2GBまで)
月額3,300円
初回請求額4,400円
支払い方法カードのみ

+ 縛りなしWiFiの詳細

シングルキャリア

使える回線はSoftBankかauのどちらかのみとなります。送られてくる機種によるため、開封してみないとわかりません。

使えるデータ量は1日2GBまで

無制限と書いてありますが、1日に使える量が2GBまでと決まっています。2GBを越えると速度制限がすぐにかかってしまいます。

機種はランダム。全部で4種類

開封するまで機種はわかりません。ソフトバンクの機種が2種類(603HW、502HW)、WiMAXの端末が2種類(W04、WX05)ありますので4種類の中からランダムで自宅に送られてきます。

603HW0円(レンタル)
502HW0円(レンタル)
W040円(レンタル)
WX050円(レンタル)
初回請求額の内訳【4,400円】

事務手数料:1,100円

月額代金:3,300円

評価

使える回線もランダム、送られてくる機種もランダムですので運要素が多いです。また、1日に使える量が2GBまでなのが残念です。料金が安くても満足できる可能性が低いのでおすすめはできません。

ネクストモバイル

ポケットWiFiの選び方がわからなくても第3位のNEXTmobileなら大丈夫

▼関連記事

NEXTmobileのトップ画像
NEXTmobileは最安級?料金やプランについて

受付中止について 現在、需要の増加によりNEXTmobileは「受付中止」となっています。無制限系WiFi、上限付きWiFi、WiMAXについての在庫状況を確認したい方はポケットWiFiの在庫状況まと ...

続きを見る

au系(WiMAX)

au回線を使うポケットWiFi = WiMAX

auとWiMAXのロゴ

回線auのみ
データ制限無制限(3日間で10GB)
月額最安1,380円~
初回請求額最安4,380円~
支払い方法カード/口座引落
シングルキャリア

WiMAXが使える回線はau回線のみです。そのため壁の厚いビル内や地下での利用に不安が残ります。

実はデータ量制限がある

WiMAXには3日間10GB制限があります

これは、直近3日間で10GB以上使うと翌日の18時から翌朝2時までデータ制限がかかってしまうというものです。データ量の管理に注意が必要です。

プロバイダがたくさんある

WiMAXにはプロバイダと呼ばれる販売代理店が20社以上存在します。

そして実は、すべてのプロバイダがUQコミュニケーションズから機器を仕入れています。つまり、「みんなでWiMAXを売ろう!」という共通の目標を持った運命共同体なのです。

月額料金が3段階で変化

WiMAXにはちょっとした特徴があります。3年契約の中で少しずつ料金が高くなっていくのです。そのため、初月料金に惑わされず、3年間の平均の月額料金を出してから比べることが必要なのです。

▼カシモWiMAXの例

1ヶ月目1,380円
2~24ヶ月目3,480円
25~36ヶ月目4,079円
平均の料金3,621円
機種比較

WiMAXにするとしたら、性能が良いものを選ぶようにしましょう。最新機種のW06がおすすめです。

+ WiMAX機種の比較

WiMAX機種販売日下り最大速度上り最大速度
W06
wimax_w06の製品画像
2019年1月867Mbps
※USB接続時は
1.2Gbps
75Mbps
WX05
wimax_wx05の製品画像
2018年11月440Mbps75Mbps
W05
wimax_w05の製品画像
2018年1月758Mbps112.5Mbps
WX04
wimax_wx04の製品画像
2017年11月440Mbps75Mbps
W04
wimax_w04の製品画像
2017年2月758Mbps37.5Mbps
WX03
wimax_wx03の製品画像
2016年12月440Mbps30Mbps
W03
wimax_w03の製品画像
2016年7月370Mbps25Mbps
W02
wimax_w02の製品画像
2016年2月220Mbps25Mbps
WX02
wimax_wx02の製品画像
2015年11月220Mbps10Mbps
WX01
wimax_wx01の製品画像
2015年3月220Mbps10Mbps
W01
wimax_w01の製品画像
2015年1月220Mbps25Mbps
HWD15
wimax_hwd15の製品画像
2014年8月110Mbps25Mbps
NAD11
wimax_nad11の製品画像
2014年6月110Mbps10Mbps
HWD14
wimax_hwd14の製品画像
2013年10月110Mbps25Mbps
初回請求額の内訳【4,380円】

事務手数料:3,000円

初月代金:1,380円

評価

3日間で10GB以上使うと速度制限がかかってしまいます。制限中は動画やインターネットを我慢しなければいけないため、そこまでおすすめはできません。

プロバイダによってはキャッシュバックがあるので、まとまったお金が欲しい!と思う方には選び方として良いのかもしれません。ただ、キャッシュバックよりも月額料金を安くしてくれた方がありがたい!といった声もあります。また、キャッシュバックはすぐに受け取れるわけではありません。数ヶ月後や1年後だったりするので忘れずに、かつ決まった期間に申請する必要があります。そういったリスクがあるという点にご注意ください。

▼関連記事

プロバイダ比較の様子
WiMAXのおすすめはどれ?プロバイダ全22社を比較

WiMAXのプロバイダをどれにしようか悩んでいませんか? WiMAXにはプロバイダがなんと22社もあります。2009年から始まったこのサービスが大きく成長し、人気となった証とも言えますが、たくさんある ...

続きを見る




docomo系

docomo回線を使うポケットWiFiです。提供会社はドコモ1社です。

docomo

docomoのロゴ

回線docomoのみ
データ制限30GBまで
月額6,980円
初回請求額9,980円
支払い方法カード/口座引落/請求書払い
シングルキャリア

使える回線はドコモのみです。そのため建物内や地下での利用に不安が残ります。

データ量に制限あり

1ヶ月に使える量が決まっていますが、月間30GBまでは使うことができます。

WiFi端末料金が別途発生

月額料金の他に、端末料金が追加でかかります。選べる機種は2種類です。

SH-05L27,720円
HW-01L26,136円
初回請求額の内訳【9,980円】

事務手数料:3,000円

初月代金:6,980円

評価

正直なところオススメはできません。月額料金が6,980円~と高いのに加えて、1ヶ月に使えるデータ量が30GBまでと決まっています。

高速通信ができるのは良い点ですが、もっと安くて性能が良いポケットWiFiはたくさんあります。

自分に合うポケットWiFiが知りたい

wimax比較の様子

ポケットWiFiの選び方がわからない方は、以下のどれに当てはまるかを確認してみてください。そうすることで、スムーズにポケットWiFiを選ぶことができるでしょう。

1.家でゆっくり、そしてたっぷり使いたい。

ちょっと待って!それはポケットWiFiじゃない方がいいかも。

使う場所が家のみであれば、ポケットWiFiではなく固定回線の方がいいでしょう。

固定回線の方が通信速度が早いので、映画を見たりオンラインゲームなどをする場合でも快適に楽しむことができるでしょう。また、ストレスとなる通信制限もありません。自由にインターネットを楽しみましょう!

ちなみにですが、あなたが使っているキャリアで固定回線を申し込んだ方が特典が多く付く可能性が高いのでおすすめです。

SoftBank光実質2,800円〜
ドコモ光4,000円〜
auひかり実質2,550円〜
NTTフレッツ光実質3,050円〜

2.スマホ代を最安にし、データ通信はポケットWiFiを使うことで無制限にしたい。

格安SIM×ポケットWiFiがおすすめ!

「電話は格安SIM」、「データ通信はすべてポケットWiFi」と分けて契約することで出費を抑えつつ、データ通信を最大限に活用することができます

格安SIMに抵抗があるという人は、今使っているキャリアの一番安いプランに変更し、ポケットWiFiを契約しましょう。そうすることで月額料金を抑えることができ、インターネットもたっぷり使えるようになります。

auの場合、最安プランとして新auピタットプランNがあります。データ通信を1GBまでに抑えると、月額1,980円となります。そしてデータ通信はポケットWiFiを経由して行うことで、料金を抑えつつインターネットを無制限で使うことができるのです。

データ容量が最大プランの場合と、最安プラン+ポケットWiFiの場合の比較をしてみました。結果は以下の通りです。

auデータMAXプランProの場合
月額5,980円
データ制限20GBまで
使える回線auのみ
auピタットプランN+ポケットWiFiの場合
月額5,260円
データ制限無制限
使える回線docomo/au/ SoftBank

このように最安プランとポケットWiFiを組み合わせることで、インターネットを無制限で使うことができ、料金も抑えることが可能になります。

3.通勤や外出先で動画や音楽を自由に使いたい。

おすすめのポケットWiFi3選をチェック

自分の好きな時に、好きな場所でたっぷりとインターネットを楽しみたいのであれば、ポケットWiFiが合っています。ポケットWiFiの選び方で、重要度()が高いものは以下の3つですので覚えておきましょう。

  1. 使える回線の数|
  2. 通信制限の有無|
  3. 月額料金|

使える回線の数

電波のつながりやすさに直結するため一番重要です。1つの回線のみだと地下やビル内でのインターネット利用が難しくなってしまいます。docomo/au/ SoftBankすべての回線が使えるトリプルキャリアのポケットWiFiを選ぶようにしましょう。

通信制限の有無

好きなだけインターネットを楽しむためには、データ制限がないものを選ぶ必要があります。WiMAXのような3日間10GB制限や、1日10GBまでといった制限があると我慢することになってしまいます。

月額料金

やはり、料金は安い方がいいですよね。

4.家でも外でもたくさん使いたい。

固定回線×ポケットWiFiがベスト

金銭的に余裕があるのであれば、固定回線とポケットWiFiを申し込むのがベストです。固定回線の方が通信速度が早いため、オンラインゲームや高画質の映画などを観るときに遅延が発生しにくいです。また、ダウンロード速度とアップロード速度も早いため、仕事用の大容量データを送受信する際には快適だからです。

ポケットWiFiだけでもかなり快適な生活に!

できるだけ月々の出費を抑えたいという人は、固定回線ではなくポケットWiFiを申し込みましょう!

ポケットWiFiであれば家でも外でも自由に使えるので、あなたにとって快適な環境を手に入れることができるでしょう。詳しくはページ上部の3.通勤や外出先で動画や音楽を自由に使いたい。をご覧ください。

5.パソコンでネット接続したい。

使うシーンで判断!

パソコンでインターネットを使う場所が家のみであれば固定回線の方が良いでしょう。詳細は家でゆっくり、そしてたっぷり使いたい。をご覧ください。

外で使うことが多いのであれば、地下やビル内でも安定してインターネットに接続できるトリプルキャリアのポケットWiFiを選びましょう。また、3日間10GBなどのデータ制限がないポケットWiFiを選ぶことで、好きなだけインターネットを活用することができるでしょう。

-選び方のコツ

Copyright© WiFi比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.